すきなものごと

毎週金曜日、21:00更新。車いすダンサーです。HP:watername.net

クロゼットの気配

海外のものを、あんまり読んできていないのでおぼろげですけれど、「クロゼット」って、秘密の暗喩みたいで、

どの家庭にも、クロゼット(秘密)がある。

というような。

クロゼットって、確かにそそられるなあって、ウォークインクロゼットであれやこれや、というのもたしか、どこかで読んだ気がする。

それで思い出したんですけれど、わたしがきれいだなっておもってたひとって、クロゼットの気配がするひとだったなって、

とくに10代の頃ですけれど、「きれいだな」とおもうひとを見つけると、おずおずと(しかし確実に)話を聞きにいっていたなあと。どうして、このひとはこんなにきれいなんだろうか、と、ファンにもちかいのかなあ、そういうふうにして、いろいろを見ていました。

そういうひとって、なにをするか、ということよりも、なにをしないか、ということに長けていたようにおもいます。

なにをしないか、というのは、ぱっと目につくようなものではないです。だけれどそれが、「きれい」の源泉になっている、ように感じました。

思春期だったからこそ、感じたことかもしれませんね。いちばん大事なものを、どう扱うかって、そのひとの核、に近いのかもなっておもいます。

クロゼットはたとえば、真四角の部屋の浸透圧を、調整するような。「押入れ」だとニュアンスがまるでちがうってゆう、日本語だと「秘密」の暗喩って、なにがあるんでしょうねえ。おわり。

○。きょうの一曲。○
youtu.be
夏といえばRIPSLYME!みたいなとこあります。
夏フェスののろいでしょうか。