すきなものごと

毎週金曜日、21:00更新。車いすダンサーです。HP:watername.net

おもしろかった本と、お花たち。

さいきん、お部屋の模様替えをしました。

作業するためのスペースが必要で、パソコン家でつかうこと、ほとんどなかったから。作業するにもだいたいがカフェにいってて、その機能を家のなかにも……って感じです。美味しいお茶やらカフェインレスコーヒー、ちょっとしたあまいものとかも、常備するようにして、

結果として家のなかがとっても居心地良くなっております。ぬくぬく。

あいもかわらず本を読んでいるんですけれど、ライトでおもしろかったやつを、いくつか。

たいのおかしら / さくらももこ(エッセイ)
ギャグエッセイ。卓越したギャグセンス。
やっぱり、まんがの方だからでしょうか。気の抜けた言葉の描写に、情景(っていうかギャグっていうか)がリアルに浮かんできて、挿絵も絶妙のタイミングではいってるし、またそれを淡々と「○○ではないか」と、つらつらと評している地の文に、笑いが止まりませんでした。リアルに声出して笑うやつ。電車の中で読んじゃいけないやつ。
これはたしか、誰かから借りたまま読んでいなかったやつ……。誰だかわかりませんがすみません。

勝手にふるえてろ / 綿矢りさ(小説)
小説なんだけれど、恋愛…小説っていっていいの……?あらすじ説明してもあんまり意味のないタイプの小説。
綿矢りささんのかわいさばっかりを記憶していたのですが、読んだら、暗いんじゃない、苔むしているんだ!ってかんじでした。ストーリー自体も至極平和なので、この時期にはおすすめかも。
金原ひとみさんとの芥川賞W受賞がものっそ話題になっていましたが、「蛇にピアス」を先に読んで「………っ」となってそのまま読んでなかったんでした。金原ひとみさんは山田詠美さんの系譜って感じがしますが、綿矢りささんは一体どこから……。

マロニエ王国と七人の騎士 / 岩本ナオ(漫画)
国王の側近である、武傑の女騎士の息子七人が、国交のためにそれぞれ近隣の国に派遣されてゆく。大義は「いつかかっこよくお姫様を守ること!」
少女まんがだし、そういうつくりなんだけれど、なんていうか読んでると、要所要所でカウンターパンチくらいます。ラブ要素もあるにはあるけどあんまりあまくないので、あまあまが苦手なひとにもすすめやすい。
あと、根底にながれているものが、すっごくあったかい。「わあ、なんか怖いことになっちゃうかも」とおもうところでも、なんかあったかいんですよ。安心して読めるタイプのまんがです。

歯ごたえがあるやつは紹介するにはばかられるようなものがおおいです。これおもしろいよ!ってすすめるにはなんか、ためらいが生じるようなやつ。癖がでている。

きゅうにスピる友だちによると、わたし前世はお花だったらしいです。

最初「!?」ってなってたんですけれど。花はたしかにおちつくし、育ててるしそういえば、ちいさないいことがたてつづいてた時期って、家に切り花飾るのが、習慣になってたということにもおもいいたり、

いま時間あるから枯らしちゃうこともないだろうしと、おっきな花束を数カ所にわけてかざってみて。どういうくみあわせにしようかなとか、かんがえるのもたのしくて。まだちょっとだけ、ずーーーん………ってなってたきもちが、あったかくなるのがわかりました。

前世のことは、わからないけれど。つまりは、「そのままでいいんだよ」っていうことを、いっていて、

ひたすら孤独に、掘って掘って掘って、そうしてその先でふっと、ほかのひともいることに気づく。いいのかわるいのか、よりもまえに、「あなたもですか」とふっと、伝わるような。そういうのをもうすこし、信じていいのかもしれないなって、おもいました。おわり。

○。きょうの一曲。○

群青日和 / 東京事変

youtu.be

事変も映像解禁しまくってますね!ダイナマイトバージョンが最強好きです。ヒイズミさんのピアノソロが鬼だった。