すきなものごと

毎週金曜日、21:00更新。車いすダンサーです。HP:watername.net

よるにみる夢

ちょびっと、体調の雲行きが怪しく、

がっつり寝込む2歩手前、って感じでしょうか。とにかくねむい、ものすごくねむくて、先週末は起きたら夕方で、わりと驚愕しました。

夢のなかの世界、は、起き抜けにはとても、クリアな感触として、そこにのこっているのに、

すこしずつ、でも、さらさらと。あっという間に空気に溶けていきます。

平安時代に、かなり詳細な夢日記を、書いたひとがいたらしくて、

世界を見渡しても、稀有なくらいの書き込み方だったんですって。それはたぶん、お付きのひとともにやっていたからだろう、というのですけれど、

起き抜けのまだ、色んなものが濃い状態のときに、箇条書きみたいにしてそれを、書いておくことがあります。それはほんとうにたまに、「これは残しておいたほうがいい」と強く思ったときで。

あとから読み返すと、とても不思議。言葉が骨組みみたいになって、それがどういうかたちをしていたか、は、わかるのに。雰囲気とかそういうもの、血肉にあたるものがほとんど記憶から、抜け落ちている。

それでもふっと、「それ」をおもいだしたときは、とてもとても不思議な感じになります。あきらかに異質な感触が、ふっと立ち上がる。

白昼夢って、こういう感触なのかもしれない。もし、夢のディティールまで書き残しておいて、「その感触」とスムーズに、アクセスできるようになったら、

ちょっと背筋がさむくなる想像でした。

心理学とか哲学とかでゆってることとあわせて、感じているところなんですが、「意識」「感覚(身体感覚)」「カオス」って、ざっくりわけてそんなかんじの、層があるような気がしていて、

それぞれ質感がちがうというか、四角と球体と液体、みたいな感じで思っています。

はっきりと線引できないまでも、「意識」「感覚(身体感覚)」(球体→四角)のあいだは変換は(ひとによるだろうけれど)まあまあできることだと、おもっていて、

だけれど夢の質感を含めて、言葉になおすっていうのは、普段使わないルートで場合によっては、カオスにちかいところまでダイレクトに、変換するのにちかいのかもなって。

そんなわけで、だいたいは起きて頭のなかで整理する(言葉になおす)だけにとどめていますが、それでもはっきりと、残っているのだから。越境しているよなあ、と、しみじみおもったのでした。

ちょっとまえくらいから、はじめてのメソッドでからだを、整えていて、

手応えをものすごく感じたすぐあとに、もわーんと体調悪くなったので、たぶんなにがしかの調整をしているのだなと、ねれるときには寝まくっていました。

ぼんやりしている時間が長いからか、なにかをアウトプットしたい欲、がものすごくあったんですけれど、

前述のとおり、あまりからだをごりごり動かさないほうがよさそうだなあ、みたいなのがあり。そんなわけで、ごりごり書いたり、うたったり、ゆるくゆるく、からだをメンテナンスしたりして、

身体よりも、言語のほうが輪郭が、はっきりしているから、

そのことの、いいところとわるいところ。両方わかったうえでいろいろを、できたらいいな。

キッチンにはひまわり、デスクのまえには芍薬。玄関にはかすみ草をたっぷりとちょっとの緑、そういう「なんとなく」で、鈍りかけた勘をみがくのが、いまのたのしいことかなあ、

すこしずつの毎日、はやくはやく、いろんなことを感じたいな。おわり。

 

○。きょうの一曲。○

前前前世 / RADWIMPS

youtu.be

サブスク解禁されましたね!いちばん聴いてたの、アルトコロニーの定理あたりまでなんですけれど、このMV、侍が演奏しているし忍者が走っているし、健在……!っておもいました。