すきなものごと

毎週金曜日、21:00更新。車いすダンサーです。HP:watername.net

まいにちと、横浜ダンスパラダイス、のこと。

秋だ〜とおもってたら、なんかまたあったかく?あつく?なってきましたね、

こういう時期って、体調崩すまではいかないですけれど、なんかちょびっとだるいな、みたいな、そゆう感じになりがちです。

部屋を凉しくしつつ、からだをあっためる時間もとりつつ、ちょびっとぼんやりしつつ、

まいにちの暮らしのなかですこしだけ、びっくりするようなこともありつつの、相変わらずのまいにちです。

 

。○。○。○。

 

先週の日曜日は本番、横浜ダンスパラダイスに、大前光市さん枠にソロで出演しまして、

会場のランドマークタワー、吹き抜けになっているのですけれど、空間が広くて、光がたっぷり入ってくる、だいすきな場所なんですね。

そこでおどれるってゆうのがまずうれしいし、いまはステージ自体が少ないご時世、もうわくわくしてしまって、

 

とはいえ、本番前はぐうっと圧がかかるというか、緊張するというか。

ガラス越しに、みどりが風に揺れている様子を、眺めるとはなしに眺めていて、

ぼうっと、でもクリアにからだのなかを探っていると、まわりの質感みたいなのが、クリアになるんですね。

 

なんとなくなイメージなんですけれど、いのちっていろんな色のひかりみたいなものだと感じていて、

そういうものが、ちがいとしてだけあればいいのにな、っておもうんですけれど、きゅうっと集中すると、それに近いような感覚になります。

結局、主観の問題なの??とおもいつつ、あったかくて鋭いみたいな気配がするなあ、とおもったら後ろに想真さんがいて、

今回のメンバーは、何回も一緒しているひとたちなんですけれど、ほんの四年前までそれらって、まっさらだったんだよね、って。

お腹の底から、あったかくなるみたいでした。おもうのですけれど、奇跡みたいなのって、ほんの一瞬に起こることもあるのだけれど、

振り返ってはたと、気付くようなこともあるよね、って。それをおどりでどこかに、送ってみよう、っておもって。

 

ひとってたぶん、それ自体に温度があって、それらが波になるみたいに、見てくれてるひとたちに、って、

まだまだだけれど、ちょっと感覚のしっぽは、つかんだかもしれない?

 

他のメンバーのも観てて、それぞれすごいよかったんですけれど、かんばらけんたさんが逆立ちしつつニヤッと、不敵に笑うシーンがあるのですね、

なんていうかゾクゾクして、できないことがあってできることがあって、できるところをどう見せるのか、みたいな。

特性っていう言い方が近いとおもいます、たとえばバレエの動きを、車いすでやってみても、「そのもの」にはならないのだけれど、

取り入れることによって「それでしかないもの」にはなるなっておもっていて。それのある種の完成形をいくつも、観たみたいな。

 

わたし、おどるのももちろん好きなんですけれど、観るのもすごく好きなんですよね、

ほくほくしたいちにち、久々の方達にもお会いできて、すごくすごく楽しかった!

 

本番後は、クナイプの入浴剤で長風呂する、ってゆうのが、なんとなくのルーティンになっているんですけれど、

できるだけ長く、このからだと仲良くしていきたいなっておもいながら、さすさすしていました。

バランスが肝要なんですけれども、ハレの日もケの日もそれぞれだいじで必要で、

そゆうふうに、これからもやっていきたいなって改めて、おもったのでした。おわり。