すきなものごと

毎週金曜日、21:00更新。車いすダンサーです。HP:watername.net

ka na taのこと

こないだの週末はka na taへ、

新作発表とゆうので、ひやかしにいったのと、ちょびっとリハビリもかねて。

緊急事態宣言ちゅうは、わりとほんきの自粛モードなわたし、すこしとおくに出かけるだけで、わくわくでした、

電車の窓からながめる景色がすき。音楽と溶けてゆくみたいで、すごく遠くにあることを、思い出せそうでおもいだせない、みたいな、

そういうもどかしい感じ、でもだけれど、どこかがものすごく、リラックスしているような。


わたしがおどるときに着ているのって、ほとんどがka na taの服で、

なかにはカジュアルダウンしなくちゃなのもありますけれど、おおよそはふだんも着ています。

それらが両立するのがとてもよいなって、溶け込むし目立つ、みたいな。


新作は、顔のモチーフをくずしたプリントのものがちらほら、

顔面から視線をはがす、とゆうので、ルッキズムへの反逆に、こんなおもしろい方法があったなんて!と、ちょっと笑ってしまいました。

冷やかすだけのつもりだったのですけれど、ちょうかわゆいダッフルコートがあって、いまものすごい悩んでます……!お値段だけがかわいくない………!!


かよいはじめてから、もう7年くらい?

齋藤陽道さんに撮影おねがいしてたとき、ちかくによい洋服屋さんがある、ということで、

そのときの店員はせいこちゃん。当時はわりと、お洋服迷走中だったのですけれど、試着したときのやわらかい感触の虜になって。

シルエットとかもきれいなんですけれど、なにより着心地が良くて。くるまれている、みたいな感覚になるのです、

いまでも緊張を要する場所にいったあと、ふっと力を抜いたときに、お洋服につつまれてるな、みたいな感覚になることがあります。

仕立ても素材も良いし、リペアもしてくれるので、着れなくなったのは最初の、1着くらい?


当時は、かなたの学校と銘打って、デザイナーの加藤さんが、みんなのまえで話すのがあったり、吉祥寺のキチムで、ka na ta主催のイベントがあったりとかで、

そゆのにもいってたのですけれど、なんだかコミューンみたいだなあ、と、おもったのをおぼえています。


ぼんやりと階段に腰掛けて、煙草を吸っていたら、そういうある時期のことをおもいました。

いまよりももうすこしふわふわと、いろんなことが不思議だったころ。

階段の上らへんには、まえはアイビーがもりもり生えてたのですけれど、いまは剪定されていて、

それからなかに、おおきな座り心地の良い、ソファーもあった。すこしだけ、風通しのよくなったその場所で。


変わってゆくことと、変わらないこと、

一瞬のなかの白昼夢みたいな時間で、しみじみと。おわり。