すきなものごと

毎週金曜日、21:00更新。車いすダンサーです。HP:watername.net

コンプレックスと概念と

空気のなかに、春の気配がまじっているような、きょうこの頃、

まだまださむい日もありますけれどね、いっときよりも、だいぶ過ごしやすい。

生活においては、「ふつう」がいちばん、とおもってすごしてますけれど、

発令でてるし、まだまだ気を抜けない感じのまいにちです。

マスク、まえはくるしい!とおもってたけれど、慣れれば慣れるものですね、

ノーマスクでよくなるのは、いつ頃なのでしょう……!!

 

。⚪︎。⚪︎。⚪︎。

 

おもうに、コンプレックスは、「こうあるはずなのに、自分はそうじゃない」というようなものなのではと、

概念としての型があって、それになれない、というような感覚のことだとおもいます。

だんだん型のバリエーションが増えてきているから、たぶん、そういうのも減ってるのかも、

いまだと、SNSの影響もかなり、あるのかもしれないです。


わたしは基本的には、ネットは反映みたいなものとしてしか、やらないのですけれど、

それではいけない、もっとがんがんやるべきだ、というアドバイスも、幾度となく頂きまして。(やるようにはしてる!)

だけれど、仲良くなる活動してるひとって、そんなにSNS、やってないひとおおい……!

なんでだろ、からだをつかうとゆうことで、そこらへんなんか、感覚的にあるのかもしれない、


活動をはぶいていえば、知る限り年下の子たちって、そこらへんはかなり上手にやってる感じします、

なんかよくわからないけれど、進化の過程でなにかしらのクッションが生成されているのかも。

あるいは、それに合わせた、からだになっているのかもしれない、


これは、かなーーりこわいこととおもうのですけれども、わたしはそれ出来ない、とゆうところまでですね。

からだのほうが、もんのすごく嫌がるので、

もともとの性質としかいえないですけれど、わたしのバインドでもあり、個性でもあるとおもいます。


話戻ってコンプレックス、は、多かれ少なかれ、誰しもあるとおもうのですよ、

でも、関係性のなかでは(ある程度までは)無効化できるものだと、おもいます。

が、言葉がいらない関係になるまでには、おびただしい数の言葉が必要だ、というのとおなじことというか、

わたしにとってのバナナの皮が、誰かにとっての本題だったりもするし、これはもう、永遠のテーマです。

自我と身体と、とゆうと、すこし固すぎるいいまわしかも、でもほんと、そんなん。おわり。

 

。⚪︎。きょうの一曲。⚪︎。

JOY / YUKI

 

年末年始にYouTubeまつりしてたとき観てて、振付気になってしらべたら、教わってるかたでした!

そういえばとても、かおるこさんぽい……。YUKIちゃん、かわゆいですねえ、ジュディマリのころの、ぎらっとした感じもすき!