すきなものごと

毎週金曜日、21:00更新。車いすダンサーです。HP:watername.net

さいきんのあれこれ

さいきんは、ちょびっとぱたぱたしておりまして、

こないだの日曜日にいっこ本番だったのと、5月末のリハがはじまり、5月頭には車椅子競技ダンスのやつ。


車椅子競技ダンスって、型があるやつなので、型を学びたいなあとおもってたのでぴったり、

あと、上半身のつかいかたも学びたいなあと、車いすって普通に乗ってると、横に動きづらいつくりになってるのですよね。


年度切り替わりなので、びみょうに環境も変わりつつ、あれやこれややってるとなんか、ぼーーっとしてしまう瞬間があって、

こゆうのひさしぶりだなあと、発令があってずっと、あんまり出歩けなかったから。

その期間を経て、なので、いろいろ観にも行きたいなあとおもいつつ。

 

感覚って、動かさないとしぼんでく側面があるとおもうのですけれど、わたしの場合はしぼまなくて、

うごうごするってゆうか、ベースでこれくらい、とゆうのがあって、それより減るとすごく、くるしくなる。

ひとづきあいだと、感覚だけでやってるひとってほぼいないので、おどるの以外で感覚をぜんぶひらいてもへいきなひとって、めずらしい。

いまやろうとしてるのは、それよかいっこ深いとこの感覚で、

それでも通路みたいなものとしては、それも動かせるなら動かしておいたほうがよくて。これはわたしの特性でもあり、バインドでもあるとおもいます。


哲学の手引きしてくれたひとが、「みんな、からだなんていらないのよ」ってゆってて、当時は「??」っておもってたけど、

いまはちょっとわかる気がするとゆうか、わたしもいっしょうけんめい、ロボットになろうとしてた時期あって(働き初めの頃)、

無理だったのですよ。からだを無視するのが出来ないってゆうのは、表現をするうえで(わたしにとっては)、不可欠なこと、なのかも。

それはそれで大変とゆうか、あれこれ変換が必要で、+α・−αってゆう感じですネ!おわり。